アドバイス

「高校生物基礎」1学期中間テスト対策に役立つ記事まとめ|高1対象

この記事は、高校1年生向け生物基礎1学期中間テスト対策ができる当サイトの記事紹介になります。紹介している記事は、実験・グラフ・計算問題の解説語句埋め記事なります。ご自分の試験範囲と照らし合わせながら、勉強してわからなかったものをチョイスして見てみるとよいと思います。

紹介している記事はすべて内部サイトなので、安心して勉強に励んでください。

ここで紹介しているものはあくまで管理人の予想なので、絶対にご自分の試験範囲と照らし合わせてください。特に、以下の高校生は気を付けてください。

  1. 二学期制の学校の場合。(この記事は3学期制向けです。)
  2. 生物基礎を高校1年生で途中までしか進めない先生が担当の場合。

生物基礎の1学期中間テストの予想範囲

管理人の主観では、高校1年生生物基礎の1学期中間テストは、生物基礎教科書の“第1章「生物の特徴」”がメインの範囲だと思っています。学校によっては、中学理科の内容もテストに入るかもしれません。

生物基礎_第1章「生物の特徴」の教科書解説

生物の多様性と共通性+系統

「生物基礎教科書解説」生物の多様性と共通性+系統この記事では、生物基礎版での生物の多様性と共通性、加えて系統について、教科書をもとにして解説します。学校の授業でとったノートと見比べなが...

教科書の一番最初にある生物の“多様性”と“共通性”と“系統”についての、教科書解説記事になります。テスト対策になるところは、赤字にしたり黒板風にまとめたりしています。

原核細胞と真核細胞の構造

「生物基礎教科書解説」原核細胞と真核生物の細胞の構造この記事では、生物基礎版での細胞の基礎知識を踏まえたうえで、原核細胞と真核細胞の構造について教科書をもとに解説します。重要単語は赤文字に...

細胞は原核細胞と真核細胞に分類され、この2種では構造が異なっています。そのポイントをまとめた教科書解説記事になります。

代謝・ATP・独立栄養生物と従属栄養生物

「生物基礎教科書解説」代謝・ATP・独立栄養生物と従属栄養生物この記事では、生物基礎の第1章生物の特徴で登場する“代謝・ATP・独立栄養生物と従属栄養生物”の教科書解説を行っています。酵素や光合成・...

代謝とは生物の体内で起こる化学反応のことであり、エネルギーを生み出す反応も含まれます。教科書では代謝にあわせてATPや生物の栄養についてもあり、その解説記事になります。

生物基礎_第1章「生物の特徴」の頻出テーマ

光学顕微鏡の使い方

「高校生物基礎」光学顕微鏡の部位の名前・操作・倍率の問題の解き方今回は、「生物基礎」の予備学習に登場する光学顕微鏡の部位の名前・操作・倍率の問題の解き方を紹介します。演習問題を用意しているので、解いて...

生物基礎でも中学理科と同じように、光学顕微鏡の使い方はテストの頻出テーマです。上の記事は、光学顕微鏡のテーマの問題とその解説になります。

ミクロメーターの使い方

「高校生物基礎」ミクロメーターの計算問題の解き方を解説今回は、「生物基礎」の予備学習に登場するミクロメーターの計算問題の解き方を紹介します。演習問題をわかりやすく解説しているので、わからない...

高校生物基礎になると、光学顕微鏡の使い方とあわせてミクロメーターの使い方もテストで頻出です。上の記事は、ミクロメーターの計算などの問題とその解説になります。

カタラーゼと酸化マンガンの実験

「高校生物基礎」カタラーゼと酸化マンガン(Ⅳ)の実験問題の解き方今回は、「生物基礎」の第1章“生物の特徴”に登場するカタラーゼの実験問題の解き方を紹介します。演習問題を用意しているので、解いてみてテス...

酵素と無機触媒の対照実験として、カタラーゼと酸化マンガンを使った過酸化水素分解実験があります。上の記事は、その典型問題とその解説になります。

細胞分画法の実験

https://biology-manabiya.net/ch-44/

生物基礎と高校生物の両方で見られるテーマとして、細胞を破砕・遠心して構造物を得る細胞分画法の実験があります。上の記事は、その典型問題と解説になります。

生物基礎_第1章「生物の特徴」の用語対策

「高校生物基礎」“生物の特徴”の総まとめ問題(語句埋め)この記事は、生物基礎の第1章“生物の特徴”のまとめ語句埋め問題(14,000字相当)です。“生物の特徴”を学び終わったあとの復習に使って...

上の記事は、生物基礎第1章「生物の特徴」の語句の総まとめ問題になります。単語を埋める部分はマーカー線で空白になっていますが、その部分を選択すると文字が裏返って表示されます。テスト範囲にあわせて、有効活用して下さい。

まとめ&アドバイス

生物基礎の1学期中間テスト対策としてこの記事を見てくださっていると思いますが、感じている通り最初が肝心です。生物基礎や高校生物では、様々な計算・グラフ・実験があり、その都度解き方を習得していく必要があります。特に、カタラーゼの対照実験をよく理解することは、文系・理系問わず、入試での実験問題で考察する能力を育む第一歩になります。

初めてのテストで力の入れ方がわからないところもあると思いますが、なるべく暗記ではなく理解から問題を解くことができるように、努めてください。

おわりに

アンケートにご協力ください!

この記事(生物基礎1学期中間対策)は勉強の役に立ちましたか?

もっとご協力頂けるなら、アンケートページでお答えください。

アンケート解答ページよろしければ、以下のアンケートにお答えください。 アンケートをもらえると、いろいろ嬉しいです。良い評価をもらえると管理人のモチ...

お役立ちの“まとめ記事”紹介

「高校生物基礎」生物基礎の計算・グラフ・実験の典型問題を紹介塾講師経験のある管理人が、受験生に向けて、どんな生物基礎の計算問題・グラフ問題・実験問題を解いておくべきかをここで紹介します。 ...
「高校生物」高校生物の計算・グラフ・実験・考察の定番問題を紹介!この記事は、「高校生物」の計算・グラフ・実験・考察の定番問題をまとめたものになります。当サイトで公開しているものを紹介しますが、管理人が...
「高校生物」遺伝の法則の問題の解き方|まとめ編(記事一覧)塾講師経験のある管理人が、受験生に向けて、どんな高校生物の遺伝の問題を解いておくべきかをここで紹介します。 本記事で紹介してい...
「高校生物基礎・生物」PDFダウンロード可の記事一覧当サイトの記事でPDFデータをダウンロードできる記事を、ここでまとめています。スマホにダウンロードして、日常学習に役立ててください。 ...

ページ下でコメントを受け付けております!

下にスクロールすると、コメント欄があります。この記事の質問や間違いの指摘などで、コメントをしてください。管理人を応援するコメントもお待ちしております。なお、返信には時間がかかる場合があります、ご容赦ください。

以上でこの記事は終わりです。ご視聴ありがとうございました。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です