問題解説

「高校生物」相加遺伝子|旧課程生物Ⅰの遺伝の問題の解き方⑧

この記事では、旧課程生物Ⅰのメンデル遺伝に一応含まれていた相加遺伝子の演習問題を紹介します。旧課程生物Ⅰであまり見かけることはありませんでしたが、パターンの一応パターンの1つです。ちなみに現課程の「高校生物」では扱われていないので、多くの学生はこの内容を勉強する必要はありません。しかし、旧課程生物Ⅰのメンデル遺伝を出題範囲にしている大学では現在でも出題されるようなので、必要に応じて学んでください。

なお、下の記事は遺伝の問題の内部リンクをまとめたものになります。

「高校生物」遺伝の法則の問題の解き方|まとめ編(記事一覧)※2018年12月16日制作開始。2019年2月10日更新。 塾講師経験のある管理人が、受験生に向けて、どんな高校生物の遺伝の問題...

演習問題

まずは演習問題として、下のスライド1にある問題を解いてみましょう。標準解答時間は5です。解けない場合は、すぐに解説を見て解き方を確認しましょう。

スライド1:相加遺伝子の問題スライド1:相加遺伝子の問題

解き具合はどうだったでしょう。問題としては簡単なので、解答と解説を手早く見て復習しましょう。

解答

(1).相加遺伝子

(2).長芒:短芒:無芒=9:6:1

解説

(1).旧課程生物Ⅰの遺伝の用語を答える問題!

この問題は知識問題です。旧課程生物Ⅰの遺伝の用語である相加遺伝子を答える問題でした。

問題文にあるように、相加遺伝子とは“2組の対立遺伝子が同じ形質を支配するが、共存すると形質が加算されるような場合の遺伝子”のことを指します。

同義遺伝子と異なるのは、“加算されること”です。

(2).二遺伝子雑種の交配+相加遺伝子の問題!

この問題は遺伝の問題です。二遺伝子雑種の交配に相加遺伝子の要素が入った問題でした。

この問題について交配表をつくると、下のスライド2のようになります。

スライド2:相加遺伝子の問題の交配表スライド2:相加遺伝子の問題の交配表

問題文を読み取ると、表現型は、

  • [L1L2]:長芒
  • [L1l2][l1L2]:短芒
  • [l1l2]:無芒

となるので、表現型の分離比は、長芒:短芒:無芒=9:6:1となります。

総括

今回の相加遺伝子の問題も、さほど難しくなかったと思います。交配表をつくり、問題文に従うだけです。ただ、(1)は知識問題なので、知らなかったら答えることができないでしょう。

今回の⑧をもって、旧課程生物Ⅰのさまざまな遺伝の問題の紹介は終わりとなります。他の遺伝を知りたい方は、下のまとめ記事をご覧になってください。

遺伝の問題のまとめ記事

遺伝の問題について、管理人がつくった問題解説をまとめました。是非ご活用ください。

「高校生物」遺伝の法則の問題の解き方|まとめ編(記事一覧)※2018年12月16日制作開始。2019年2月10日更新。 塾講師経験のある管理人が、受験生に向けて、どんな高校生物の遺伝の問題...

アンケート+おすすめ記事紹介

アンケートにご協力ください!

よかったら、勉強の役に立ったかどうかについて、下のアンケート投票をお願いします。

この記事(相加遺伝子)は勉強の役に立ちましたか?

やるべき問題 and おすすめ参考書・問題集

管理人セレクトの「生物基礎の問題やるべき集」を記事にしました。勉強の役に立ててください。

「高校生物基礎」生物基礎の計算・グラフ・実験の問題これはやるべき集※2018年8月9日記事作成開始、2019年4月30日⑨を更新。 塾講師経験のある管理人が、受験生に向けて、どんな生物基礎の計算問...
「高校生物基礎・生物」目的別おすすめ参考書・問題集by管理人シカマル はじめに 今回は、高校生物基礎・生物を勉強するうえで役にたつ参考書・問題集を紹介したいと思います。生物基礎と生物において目的別に紹...

気軽にコメントどうぞ!

下にスクロールすると、コメント欄があります。この記事の質問や間違いの指摘などで、コメントをしてください。なお、返信には時間がかかる場合があります、ご容赦ください。

以上で終わりです。ご視聴ありがとうございました。

お役に立てたらSNSボタンでシェアしてくださいね!
あなたの応援が励みになります!よろしくお願いします!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です